FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
2日間で出来るだけ漫画レビューする・2冊目。
コミックLOに掲載されたバー・ぴぃちぴっと「小中ロック2」の感想です。
小中ロック2_1
『絶海の孤島・巫女島。そこを訪れる人々は島の住民から「神様」と崇められ、島の女の子は「神様」に求められればいつでも自由にSEXできるという楽園システムで運営されていた。美少女ママの母乳を味わったり、金髪ツインテのドS少女にいたぶられたり、ごく庶民的なあどけない少女とノーモーションからセックスに移行したりとやりたい放題食い散らかすのがここでの嗜み。全ての禁忌を解放した地上の楽園で夢のようなセクロス三昧リゾートをあなたにご提供いたします。
前作「小中ロック」の大ヒットを受け、まだまだ超加速を続けるバー・ぴぃちぴっと先生の閃光の如き軌跡をご堪能下さい。
収録作品:「巫女島-ゆかり-」「巫女島鬼ごっこ」「巫女島カメラマン」「巫女島S嬢」「巫女島中学」「巫女島終幕前夜」「巫女島最終日」「妹ハザード」「強引ぐマイウェイ 番外編」「音楽室の優等生」「ギリギリ火遊び」「あとがき」「強引ぐマイウェイ なっちゃんハメ撮り」』
(Amazonより)
本作の巫女島シリーズのみをレビューしようと思います。
感想は続きからどうぞ。(以下18禁です!


小中ロック2_2
前作「小中ロック」から続いてる巫女島シリーズですが、その特殊で羨ましい設定も然る事ながら陰に潜む暗く冷たい部分がなんとも興味をそそられます。
男達が幼女から母親までやりたい放題の島で淫蜜に耽ながらも、ルールを破れば命はないという事をオチでしっかり示してるのが面白いですね。
暗闇からこっそり覗く冷たい眼をした島の管理者達が恐ろしいです。
小中ロック2_3
登場するヒロイン達も個性豊かで元気系幼女からドS幼女、果ては子持ち幼女まで登場して様々な背徳感を味わえます。
特に↑のまことちゃんのキャラが面白かったですね。
ヒロイン達は基本的にエッチに対して抵抗感が無く、明るく楽しく乱交してる為読後感も後味悪くありません。
個人的には母娘姦とか見たかったですが、今巻は全面幼女オンリーなのでちょっと残念ですね。
小中ロック2_4s
「もしこんな島が実際にあったら・・・」と思わず想像してしまいますが、島に行くには相当なお金が必要なので一般人よりも金持ちが秘密裏に遊ぶ娯楽施設と化しそうな気がします。
作者はこのシリーズで「おかしい教育をされた社会で何も知らずに暮らす人間は幸せか?」というテーマを考えていたようで、本当は巫女島に警察のスパイがやって来る話にしたかったようですね。
島の事を世間に知られれば当然大問題になりますが、そこで暮らしてる少女達は例え騙されてるとしたとしても幸せを実感してる事には違いありません。
それを壊すのは人として許される行為なのかちょっと考えさせられるお話です。
小中ロック2_5
そしてそれを実行しようとする少女・うさぎの思考が実に恐ろしくて破滅的で面白いですね。
売春婦として知らずに教育されてる事を知ればこんな事を考えつく人間が居てもおかしくありません。
姉の仇を討つ為、巫女島を世間に公表しようとする幼い革命家の目に見ていて取り込まれそうでした。
小中ロック2_6
そして真実をバラしてしまった男には島の管理部から容赦無い鉄槌が下され・・・と思いきや、最後は意外な展開になりましたね。
巫女達をただの金儲けの道具として扱わず、あくまで島を守る為に売春させてる事が分かりますよ。
上手い話には裏がある、光ある所には影があるという典型的な例を見た気がします。
もし私が巫女島に行ったとしたら・・・恐らく熟女ばかりとするでしょうねw
小中ロック2小中ロック2
(2010/04/16)
バー・ぴぃちぴっと

商品詳細を見る

ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
コメント
この記事へのコメント
えろーい!
2010/04/26(月) 16:14 | URL | 名無権兵衛 #-[ 編集]

巫女島はよくできたエロマンガだと思います、
元々この作者は可愛くてエロイ絵を描きますが
この話だとそれがよりイッソウ映える気がします
2011/03/23(水) 09:52 | URL | syo2 #-[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://catoonworld2.blog46.fc2.com/tb.php/963-54b50daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックありがとうございます。トラバ返信は別館から行いますがサーバーとの相性によって中々通らない事が少なからずありますのでご了承下さいm(_ _)m
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。